富吉沢石張水路工 トミヨシザワイシバリスイロコウ 

前のページへ戻る

登録有形文化財

指定区分・種別国-登録-登録有形文化財
内容登録・治山治水
指定年月日平成 21/01/08
時代区分明治時代
年代明治後期/1935年(昭和10)増設
作者
所在地上水内郡小川村稲丘
寸法・材質・形状
概要解説薬師沢左支流冨吉沢に築かれる。高低差26メートルの斜面に、4段よりなる延長63メートルの空石積水路工を緩やかに湾曲させながら連続的に築いたもので、薬師沢との合流地点には石積護岸を設ける。大規模な石積構造物ながら、環境と融和した河川景観をつくり出している。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る