富倉の笹ずし トミクラノササズシ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別市-選択-選択無形民俗文化財
内容衣・食・住(無形民俗)
指定年月日平成 19/11/20
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地飯山市富倉地区を中心とした西側山間集落
寸法・材質・形状
概要解説笹の葉にすし飯を載せ、その上に山菜を炒め、大根の味噌漬けで味付けした具とクルミをのせたすし。飯山市富倉地域では、ハレの日の食事として昔から根付いている。上杉謙信が、軍用路としていた富倉峠を通り、川中島の合戦に出陣する途中、富倉で休憩を取った際、村人がクマザザの葉にご飯をのせ、その上にみそ漬けや山菜などをのせて振る舞ったという伝説があり、別名「謙信ずし」ともいわれている。ほかに、押し寿司風の笹ずしがあるが、これは平成12年に県選択無形民俗文化財に認定されている。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る