えご エゴ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別市-選択-選択無形民俗文化財
内容衣・食・住(無形民俗)
指定年月日平成 19/11/20
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地東・北日本地域から信越地域の山間部
寸法・材質・形状
概要解説エゴ草に水を加えて煮溶かし、練り上げて流し固めた寄せ物。ハレの日のなかでも、特にお盆料理の代表的な一品。海のない飯山の人々にとっては保存がきく貴重な海の幸であり、昔から「えごを食べると腹の虫がいなくなり、長生きする」といわれている。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る