赤澤家住宅表門 アカザワケジュウタクオモテモン 1棟

前のページへ戻る

登録有形文化財

指定区分・種別国-登録-登録有形文化財
内容登録・住宅
指定年月日平成 19/12/05
時代区分明治時代
年代明治時代
作者
所在地長野市松代町松代197-1
寸法・材質・形状一間薬医門、切妻造、桟瓦葺
概要解説旧武家町の通りに北面して建つ。一間薬医門(やくいもん=扉を支えている本柱とその後ろにある柱で支えられた屋根の棟の位置を、中心からずらす形式で、側面の姿は対称形でない。正面から見ると軒が深いため、門はゆったりとして威厳がある。)、切妻造桟瓦葺、左右に袖塀をつけ、西に潜戸をたてる。妻飾は男梁(おはり)上に笈(おい)形付大瓶束(たいへいづか)を立て、破風拝みに鰭(ひれ)付蕪懸魚(かぶらげぎょ)を付し、要所に絵様実肘木(さねひじき)を用いるなど装飾性を高めている。上級武家屋敷の表門の格式を受け継ぐ遺構である。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る