西光寺の地蔵菩薩半跏趺坐像 サイコウジノジゾウボサツハンカフザゾウ 1躯

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容彫刻
指定年月日平成 19/03/27
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者
所在地上高井郡高山村中山358
寸法・材質・形状総高120.7cm、座高90.4cm、木造、寄木造、彫眼、身金泥、衣朱漆塗り
概要解説製作優秀であり高山村唯一の胎内前身仏を持つ、江戸時代の作品と推定される仏像である。また、胎内前身仏は戦国時代以前の作と推定され、山田高梨氏ひいては関山国師との関係も考えられる。
交通案内長野電鉄須坂駅からバスで15分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る