海福寺の聖観世音菩薩立像 カイフクジノショウカンゼオンボサツリュウゾウ 1躯

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容彫刻
指定年月日平成 19/03/27
時代区分平安時代
年代平安後期
作者
所在地上高井郡高山村高井2778
寸法・材質・形状像高42.6cm、木造、彫眼、頭体冠部一体造、垂下天衣共木製
概要解説平安時代後期に高井御牧関係の官人が京都よりもたらしたものと考えられる、製作優秀な高山村最古の仏像である。岩屋観音として後世崇拝され、山岳仏教や現在の海福寺付近に存在したとされる天台宗蓮生寺との関連性もあり得る。
交通案内長野電鉄須坂駅からバスで15分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る