下八町太々神楽 シモハッチョウダイカグラ 

前のページへ戻る

無形民俗文化財

指定区分・種別市-指定-無形民俗文化財
内容信仰(無形民俗)
指定年月日平成 19/03/13
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地須坂市八町
寸法・材質・形状
概要解説太々神楽は、町中心部から山の麓にある神社へ向かって行われる。また道中に行われる神楽にも趣がある。「鎌倉の舞」に見られる曲芸獅子は、耳を動かしたり、手毬で戯れるなど他の地区ではあまり見られなく大変貴重なもの。手毬は明治初期のもので、八重菊、おもだか、重ねつむ型の3個がある。「剣の舞」は鳥居で注連縄を切って奉納する。
交通案内長野電鉄須坂駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る