大口沢のアシカ科化石 オオクチザワノアシカカカセキ 1点

前のページへ戻る

天然記念物

指定区分・種別県-指定-天然記念物
内容天然記念物その他
指定年月日平成 19/01/11
時代区分時代区分不明
年代
作者
所在地長野市信州新町上条87-1(信州新町化石博物館)
寸法・材質・形状左下顎骨-長さ6.7cm、高さ3.7cm、幅0.7cm
概要解説アシカ科の化石はこれまで北米において700万年前の地層から発見されたものが知られているが、この化石は1300万年前のものであり、現段階では世界最古のアシカ科化石である。本標本からアシカ科の初期の進化過程について解明ができる貴重な化石である。採集地:安曇野市豊科田沢
交通案内JR長野駅からバスで40分信州新町美術館前下車徒歩1分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る