両羽神社太刀 モロハジンジャタチ 1口

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容金工品
指定年月日平成 17/12/01
時代区分南北朝時代
年代南北朝時代
作者
所在地東御市下之城宮屋敷169-1
寸法・材質・形状長さ73.1cm、反り1.4cm、目釘穴2ヶ所
概要解説昭和54年(1979)に両羽神社の本殿の中から発見され刀剣類の登録を行った。鑑定を受けた結果、この太刀は南北朝時代を下らない時期に製作された古刀である事がわかった。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る