安楽寺蘭渓道隆尺牘 アンラクジランケイドウリュウセキトク 1通

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容書跡・典籍・古文書
指定年月日平成 17/09/28
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉時代
作者
所在地上田市別所温泉2361
寸法・材質・形状
概要解説安楽寺の開祖である樵谷惟仙が鎌倉建長寺で、修行僧の指導をしていた際、その規律の乱れに対して怒ったことに対して、建長寺開山第一世の蘭渓道隆が詫びて、戻ってくれるように嘆願する書状である。中世禅宗研史究等の見地からもきわめて重要な文書である。
交通案内上田電鉄別所線別所温泉駅から徒歩10分、上信越自動車道上田菅平ICから車で40分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る