安曽甚太夫五輪塔 アソジンダユウゴリントウ 2基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日昭和 59/04/09
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉時代
作者 
所在地上田市古安曽3552-1
寸法・材質・形状総高-東側102cm、西側76cm
概要解説鎌倉様式をよく備えている。安曽甚太夫は塩田北条氏の家臣と言われるが経歴などは不明で、この五輪塔も甚太夫の墓であると断定する資料はない。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る