有旅の高札場 ウタビノコウサツバ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容建造物その他
指定年月日平成 16/02/20
時代区分江戸時代
年代
作者
所在地長野市篠ノ井有旅15-1先 
寸法・材質・形状本柱-高さ2.94m 木柵-高さ1.26m、正面2.69m、側面1.35m 土台角材-幅14cm、厚さ12cm 石積-高さ86cm 切妻造、板葺、三段掲示場造
概要解説天和二年、幕府の高札の制の定めに従い松代藩が設置したもの。山中の笹平口と松代を結ぶ主要な支道の、里方と山中の境の、有旅口留番所を通る旧道沿いに建てられた。このような条件で現存する高札場は他では見られず、貴重な高札場である。
交通案内JR・しなの鉄道篠ノ井駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る