大島山の獅子舞 オオジマサンノシシマイ 

前のページへ戻る

無形民俗文化財

指定区分・種別県-指定-無形民俗文化財
内容芸能(無形民俗)
指定年月日平成 16/03/29
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地下伊那郡高森町大島山812(瑠璃寺)
寸法・材質・形状
概要解説瑠璃寺客殿前より山門を経て薬師本堂まで、長さ7m胴幕屋台を曳いた獅子が宇天王(優填王)の誘導により練り歩く。概ね江戸後期より現在の型で大島山地区に伝承。明治以降に飯田下伊那各地に伝播した舞楽系獅子の源流である。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る