能衣裳上田縞小格子厚板 ノウイショウウエダジマコゴウシアツイタ 1着

前のページへ戻る

有形民俗文化財

指定区分・種別市-指定-有形民俗文化財
内容芸能(有形民俗)
指定年月日昭和 46/04/08
時代区分江戸時代
年代江戸中期
作者 
所在地上田市二の丸3-3(上田市立博物館)
寸法・材質・形状
概要解説「上田縞」で仕立てられた能衣装。真田家から加賀前田家へ贈られ、前田家から江戸能楽者家元某へ渡ったと伝えられる。色素、色糸染が完全なる草木染と思われ、上田縞として長野県に残る最も古い時代の衣装であり、江戸期の能衣裳の原形といえる。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から徒歩15分・車で7-8分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る