飯嶋善士氏所有「信越連帯新道」関係史料及び飯嶋家文書一括 イイジマヨシヒトシショユウ シンエツレンタイシンドウ カンケイシリョウオヨビイイジマケモンジョイッカツ 628点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容歴史資料
指定年月日平成 15/02/26
時代区分
年代江戸末期-明治初期
作者飯嶋 善造ほか
所在地大町市大町4700(大町市文化財センター)、大町市大町8056-1(大町山岳博物館)
寸法・材質・形状
概要解説明治初年、信州-越中間の最短の交易路として整備された「信越連帯新道」の開発経緯を記した文書記録と、信州側の工事遂行責任者として活躍した、地元野口村庄屋飯嶋善造に関する史料類。
交通案内JR大糸線信濃大町駅から車で5分(大町市文化財センター、大町山岳博物館とも)

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。


  • [附指定]その他の史料

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る