桐原牧神社の藁馬づくり キリハラマキジンジャノワラウマヅクリ 

前のページへ戻る

選定保存技術

指定区分・種別市-選定-選定保存技術
内容工芸技術(選定保存技術)
指定年月日平成 14/02/13
時代区分江戸時代
年代江戸後期
作者
所在地長野市桐原1-26-33(桐原牧神社)
寸法・材質・形状
概要解説江戸後期から伝わる桐原牧神社の藁馬奉納の行事は、奉納する者、奉納の形、奉納馬など著しく変化している。しかし、藁馬を奉納し、お祓いを受け、生産と繁栄を祈願する神事は引き継がれている。藁馬は材料、製作者が年々減少し、藁馬の神事の継続が危ぶまれている。
交通案内しなの鉄道北しなの線北長野駅から徒歩10分、長野電鉄桐原駅から徒歩5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る