早蕎麦 ハヤソバ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別県-選択-選択無形民俗文化財
内容衣・食・住(無形民俗)
指定年月日平成 13/03/15
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地下水内郡栄村、下高井郡山ノ内町須賀川
寸法・材質・形状
概要解説千切りの硬めに茹でた大根に、蕎麦粉を水に溶いてかきまぜる。蕎麦粉より大根の量が多いとあたかも蕎麦切りにみえること、短時間に作れることから「早蕎麦」という。長野県下で作っているのは栄村と山ノ内町の須賀川のみ。県外にも見られない。
交通案内山ノ内町-長野電鉄夜間瀬駅から車で15分、上信越自動車道信州中野ICから30分 栄村-上信越自動車道飯山豊田ICから2時間

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る