奈良尾石造多重塔 ナラオセキゾウタジュウトウ 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日昭和 45/06/05
時代区分鎌倉時代
年代1285年(弘安8)
作者 
所在地上田市富士山4545-1
寸法・材質・形状総高237cm
概要解説七重塔。弥勒仏塔とも呼ばれる。富士嶽東方の弥勒岳頂上に建てられたものだが、西奈良尾の大円寺をへて、今日にいたる。建てられた年月がわかる鎌倉時代の貴重な石造塔。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る