岳の幟 タケノノボリ 

前のページへ戻る

無形民俗文化財

指定区分・種別市-指定-無形民俗文化財
内容芸能(無形民俗)
指定年月日昭和 44/06/05
時代区分室町時代
年代1504年(永正元)
作者 
所在地上田市別所温泉
寸法・材質・形状 
概要解説岳の幟、ささら踊、三頭獅子舞を総称。岳の幟は、夫神岳に登り九頭竜権現に雨乞いを祈ったところ降雨に恵まれたため、お礼に幟を供えたのが起源。ささら踊り・三頭獅子は本来、祇園祭の出し物だったが、昭和9年に同時に行なうようになった。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で40分、上田交通別所線別所温泉駅から徒歩20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る