星糞峠黒曜石原産地遺跡 ホシクソトウゲコクヨウセキゲンサンチイセキ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別国-指定-史跡
内容生産施設
指定年月日平成 13/01/29
時代区分縄文時代
年代縄文時代
作者
所在地小県郡長和町大門追分3520-20ほか
寸法・材質・形状面積66,384.5平方メートル
概要解説霧ヶ峰高原の北側に位置。代表的な良質石材である黒曜石の原産地で、大量の石核・剥片・砕片・原石などと、黒曜石を採掘した約200ヶ所のくぼみが丘陵斜面に重複して分布。縄文時代全般に行われた黒曜石の採掘・加工と各地への供給を示す大規模な生産遺跡。
交通案内JR中央東線茅野駅から車で30分、中央自動車道諏訪ICから30分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る