王滝村の万年鮨 オウタキムラノマンネンズシ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別県-選択-選択無形民俗文化財
内容衣・食・住(無形民俗)
指定年月日平成 12/03/15
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地木曽郡王滝村一円
寸法・材質・形状
概要解説山の中ならではの食材岩魚を使った馴れ鮨。正月料理・行事食として発達。岩魚(他の川魚でも可)の内臓をとり、多量の塩で漬け込み、食べる1ヶ月前に塩出し冷ましたご飯を詰め、樽の中に重ね並べ重石を置いて発酵させる。現在では1割程度の家庭でのみ伝承。
交通案内JR木曽福島駅から車で40分、長野自動車道塩尻ICから1時間50分、中央自動車道中津川ICから1時間50分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る