一茶ゆかりの里離れ家 イッサユカリノサトハナレヤ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容民家建築
指定年月日平成 12/03/01
時代区分江戸時代
年代江戸後期/1996年(平成8)移築復元
作者
所在地上高井郡高山村高井5161-1(一茶ゆかりの里「一茶館」)
寸法・材質・形状間口4間半、奥行3間、土間半坪、板の間2.5坪、茶の間4畳半、4畳半の部屋、座敷8畳、茅葺、せがい造りの軒
概要解説小林一茶が逗留した。書院座敷をもつ隠居部屋にふさわしい建物である。信州における数寄屋風の造りとしても優れた名建築である。規模が小さい割に立ちが高い。土間・茶の間が狭く座敷に重点を置く。床の間の構えが奇抜で、非対称の丸窓と高窓の組合せが絶妙。
交通案内JR長野駅から車で50分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る