活文禅師遺跡1号毘沙門堂跡 カツモンゼンジイセキ1ゴウビシャモンドウアト 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別市-指定-史跡
内容その他教育・学術・文化に関する遺跡
指定年月日昭和 44/05/09
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者 
所在地上田市常田2-21-18
寸法・材質・形状
概要解説文政12年(1829)岩門の大日堂から毘沙門堂へ移り、寺子屋をつづけた。活文禅師の著名な門弟に佐久間象山・高井鴻山・赤松小三郎らがいる。活文禅師は、禅学は勿論、和漢、彫刻、詩歌、蘭学、世界情勢に通じ、子弟の指導に尽力した。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から徒歩15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る