活文禅師遺跡2号龍洞院敷地及び遺墨・遺品・文書 カツモンゼンジイセキ2ゴウリュウドウインシキチオヨビイボク イヒン モンジョ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別市-指定-史跡
内容その他教育・学術・文化に関する遺跡
指定年月日昭和 44/05/09
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者
所在地上田市蒼久保232
寸法・材質・形状龍洞院敷地3,800平方メートル
概要解説活文禅師は龍洞院13世住職。文政8年(1825)3月、あとを弟子の智舩にゆずり、岩門の大日堂へ隠棲した。
交通案内JR・しなの鉄道上田駅から車で15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る