観松院宮殿 カンショウインクウデン 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容寺院建築
指定年月日平成 11/02/24
時代区分江戸時代
年代1737年(元文2)
作者
所在地北安曇郡松川村1324-2
寸法・材質・形状入母屋造、禅宗様式、総欅造 須弥壇-縦92cm、横92cm、高さ20cm 身舎-間口83cm、奥行83cm、高さ150cm
概要解説重要文化財銅造菩薩半跏像を安置する宮殿。造立年代や関係者が記され、歴史的にも意味がある。簡素ですっきりした作品である。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る