大石沢の目鏡橋 オオイシザワノメガネバシ 1構

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容土木建造物(橋梁・隧道トンネル・堰堤ダム・堤防等)
指定年月日平成 10/02/26
時代区分明治時代
年代1881年(明治14)
作者
所在地東御市滋野片羽-赤岩間
寸法・材質・形状アーチ型水路部分-高さ3.0m、幅2.4m、長さ12.0m 橋の部分-川底までの高さ10m、幅6m、長さ40m 切石積 
概要解説明治13年(1880)から明治16年(1883)まで地元有志が寄付を募り完成した。現在も市道として使用されている。
交通案内しなの鉄道滋野駅から徒歩15分、上信越自動車道東部湯の丸ICから車で15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る