念仏講 ネンブツコウ 

前のページへ戻る

無形民俗文化財

指定区分・種別村-指定-無形民俗文化財
内容信仰(無形民俗)
指定年月日平成 08/11/15
時代区分江戸時代
年代1760年(宝暦10)頃
作者
所在地下伊那郡売木村1341
寸法・材質・形状
概要解説230年余もの永きにわたり受け継がれている。宝暦10年(1760)頃、まれにみる凶作や疫病に見まわれたことから、観音堂を建て「三界万霊」を祀り、家内安全や五穀豊穣を祈ったことがはじまりといわれる。
交通案内JR飯田線温田駅売木行バスで1時間売木辻下車、中央自動車道飯田ICから1時間

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る