大熊二子塚古墳出土品 オオグマフタゴヅカコフンシュツドヒン 71点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容考古資料
指定年月日昭和 59/03/26
時代区分古墳時代
年代古墳時代後期
作者 
所在地諏訪市中洲神宮寺171-2(諏訪市博物館)
寸法・材質・形状直刀、刀子、管玉、勾玉、切子玉、鎌、鉄鏃、土師器、須恵器、耳飾ほか
概要解説大熊、小田井沢川扇状地の末端に築造された古墳で、横穴式石室より鉄製品・玉類・土器類など多数の副葬品が出土した。
交通案内JR中央東線上諏訪駅から車で30分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る