大日如来母子像 ダイニチニョライボシゾウ 2躯

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容彫刻
指定年月日平成 03/03/29
時代区分室町時代
年代永禄年間
作者
所在地南佐久郡川上村川端下
寸法・材質・形状子像-座位高138cm、幅105cm、寄木造、童顔 母像-座位高28cm、幅22cm、小柄
概要解説秋山村史の常泉坊伝によれば永禄元年(1558)、像の裏に永禄12年(1569)9月10日、慶長9年(1604)6月1日の筆記が認められる。往時は全体が塗装彩色されていたが現在はほとんど剥落。通称「オデーニッサマ」
交通案内JR小海線信濃川上駅から車で35分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る