元牧新七家 モトマキシンシチケ 4棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容民家建築
指定年月日平成 07/01/04
時代区分明治時代
年代主屋-明治中期
作者
所在地須坂市須坂371-6(岡信孝コレクション須坂クラシック美術館)
寸法・材質・形状主屋-2階建、寄棟造、桟瓦葺 うわみせ-2階建、切妻造、桟瓦葺 長屋門-土蔵造、切妻造、桟瓦葺 土蔵-切妻造、桟瓦葺
概要解説主屋、うわみせ、長屋門、土蔵の4棟が主要構成要素であり、4棟のいずれをも残している点で当時の須坂の大規模町家を代表するものである。土蔵の建設は幕末まで遡る可能性あり。現在「岡信孝コレクション須坂クラシック美術館」として開館。
交通案内長野電鉄須坂駅から徒歩5分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で8分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る