立が鼻遺跡出土骨器 タテガハナイセキシュツドコッキ 6点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容考古資料
指定年月日平成 06/06/09
時代区分先土器時代
年代旧石器時代
作者
所在地上水内郡信濃町野尻287-5(野尻湖ナウマンゾウ博物館)
寸法・材質・形状
概要解説野尻湖底の立が鼻遺跡から出土したナウマンゾウの骨製の道具で、4万年以前のものである。
交通案内しなの鉄道北しなの線黒姫駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る