小諸馬子唄 コモロマゴウタ 

前のページへ戻る

無形文化財

指定区分・種別市-指定-無形文化財
内容音楽(無形文化財)
指定年月日平成 06/10/05
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地小諸市
寸法・材質・形状
概要解説信濃路の「中馬」たちの歌った馬子唄が、いつとなしに江戸に伝わって江戸界隈の馬子衆の馬子唄となった。この馬子たちの歌を尺八の大家、後藤桃水氏が聞き、それを弟子の菊池淡水氏に伝え、さらに赤坂小梅女史に教えたものである。そして、昭和12年(1937)11月、コロンビア・レコードで小梅女史が歌って発売したのがこの小諸馬子唄である。小諸馬子唄は、基本的には小室節から生成したものであり、小室節の特徴をよく生かしながら、コンパクトにまとめたものであるということができる。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る