大日堂の算額 ダイニチドウノサンガク 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容書跡・典籍・古文書
指定年月日平成 06/01/24
時代区分江戸時代
年代1853年(嘉永6)
作者
所在地東御市祢津1714(長命寺)
寸法・材質・形状
概要解説算額は、自分の解いた数学の難問の額を神社仏閣へ奉納して学問の進歩を感謝したり、他流に挑戦したりなどの目的で掲げられ、数学の進歩に大きく貢献した。木製枠組の中に朱どりした杉板へ墨や朱色で図や文字を書き、極めて端正。
交通案内しなの鉄道田中駅からバス新張方面行き東町下車徒歩5分・車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る