本間川の郷倉 ホンマガワノゴウクラ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容建造物その他
指定年月日平成 05/03/25
時代区分江戸時代
年代1830年(文政13)
作者
所在地南佐久郡小海町千代里本間川
寸法・材質・形状間口(東西)3.8m、奥行(南北)2.9m、木造2階建、井楼造、切妻造、平入、瓦葺(元茅葺)、赤松材 天窓(南側壁面上部)-縦66cm、横22cm
概要解説江戸時代に凶慌に備えて各村で設けた貯穀用の倉。大戸一枚の引き戸に、鉄金具付鍵穴をつけた旧態を保っている。井楼(せいろう)造り。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る