津金寺妙見堂 ツガネジミョウケンドウ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容寺院建築
指定年月日平成 04/06/10
時代区分江戸時代
年代1836年(天保7)
作者立川 和四郎富昌、田中 円蔵 
所在地北佐久郡立科町山部279-1
寸法・材質・形状本殿-流造、こけら葺、軒唐破風
概要解説立川和四郎富昌と立科町茂田井出身の宮大工田中円蔵の建築。多彩な題材を駆使した彫刻は繊細流麗、立川流工匠の逸品である。建築年代は「津金寺誌」によれば、天保7年(1836)。
交通案内しなの鉄道大屋駅からバスで25分上房下車徒歩1分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る