岡見遺跡出土古常滑骨蔵器 オカミイセキシュツドコトコナメコツゾウキ 1点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容考古資料
指定年月日平成 04/11/01
時代区分南北朝時代
年代南北朝時代(1350年代)
作者
所在地下伊那郡松川町元大島3720(松川町資料館)
寸法・材質・形状総高22.3cm
概要解説方形の基壇状に石を積み上げた遺構中央部から出土。内部に若干の火葬骨が遺存していた。尾張常滑窯産。
交通案内JR飯田線伊那大島駅から車で5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る