伊那の人形芝居・今田人形・黒田人形・早稲田人形 イナノニンギョウシバイ イマダニンギョウ クロダニンギョウ ワセダニンギョウ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別国-選択-選択無形民俗文化財
内容芸能(無形民俗)
指定年月日昭和 50/12/08
時代区分江戸時代
年代今田人形-1704年(宝永元)、黒田人形-元禄年間
作者 
所在地飯田市龍江・上郷黒田、下伊那郡阿南町西條早稲田
寸法・材質・形状 
概要解説〔今田〕江戸時代末から明治初年にかけて大阪文楽座系の芸を学び、大阪文楽人形浄瑠璃と系統を同じくする。〔黒田〕黒田人形のはじめは元禄からと伝えられ、古い歴史をもつ。また、上演される「下黒田の舞台」は国の重要有形民俗文化財に指定されている。
交通案内JR飯田線飯田駅から車で25分、同上郷駅から車で5分、同温田駅から車10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る