普願寺本堂と鐘楼 フガンジホンドウトショウロウ 2棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容寺院建築
指定年月日平成 04/01/04
時代区分江戸時代
年代本堂1742年(寛保2)、鐘楼1851年(嘉永4)
作者 
所在地須坂市小山353
寸法・材質・形状本堂-入母屋造、銅板葺(元茅葺)、平屋 鐘楼-入母屋造、瓦葺、2階方1間、袴腰付
概要解説長野県内の真言宗寺院のなかで特に優れている。本堂は寛保2年(1742)に着工、延享4年(1747)に完成。鐘楼は嘉永4年(1851)建設。
交通案内長野電鉄須坂駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る