延宝元年下原村検地野帳 エンポウガンネンシモノハラムラケンチヤチョウ 2冊

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容書跡・典籍・古文書
指定年月日昭和 63/07/27
時代区分江戸時代
年代1673年(延宝元)
作者 
所在地諏訪郡下諏訪町東町中577-1(第1区収蔵庫)
寸法・材質・形状表紙-黒茶色の渋紙 縦28cm、横19.5cm、和綴り 枚数-総検地野帳70枚、新切畑検地野帳42枚 
概要解説検地帳とは藩主が村内の土地について一筆ごとに測量し、所在地名、地目、品位、面積、石高、名請人を記し、一村単位で結果をとりまとめ、総計して村高を記載した帳簿である。検地役人と村役人が連署し、2冊作成して一冊を藩が保管し、1冊を村方に交付した。
交通案内JR中央東線下諏訪駅から徒歩15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る