大山田神社のギョウド・獅子舞 オオヤマダジンジャノギョウド シシマイ 32点

前のページへ戻る

無形民俗文化財

指定区分・種別村-指定-無形民俗文化財
内容芸能(無形民俗)
指定年月日平成 01/02/14
時代区分安土桃山時代
年代安土桃山時代(1600年頃)
作者 
所在地下伊那郡下條村陽皐4588
寸法・材質・形状 
概要解説大祭(10月10日)に奉納。ギョウドは獅子を先頭に神社の境内を浄めて回る神事。拝殿での獅子舞は、奇妙な面をつけた神主「へエオイ」と獅子の掛け合いが有名で、別名「蛇踊り」といわれる長野県下ではめずらしい舞。
交通案内JR飯田線天竜峡駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る