木地師の家 キジシノイエ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容民家建築
指定年月日昭和 59/02/01
時代区分明治時代
年代明治時代
作者 
所在地木曽郡南木曽町吾妻3265-1
寸法・材質・形状木造平屋建(21坪)、石置板葺
概要解説明治後期の建物で、掘建小屋形式。部屋のムシロタタミは木屑(ろくろの鉋屑)を敷いてムシロをのせてあり、木地師の家の特色を保っている。桁は柱の木の股に乗っており、藤蔓で巻かれていて極めて素朴な造りである。昭和51年度に山村地域農林漁業特別対策事業を利用して蘭の南沢地区から移築し、解体復元したものである。
交通案内JR中央西線南木曽駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る