笠原東明寺の木造十二神将立像 カサハラトウミョウジノモクゾウジュウニシンショウリュウゾウ 12躯

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容彫刻
指定年月日昭和 47/10/01
時代区分江戸時代
年代天保年間
作者 
所在地南佐久郡小海町小海笠原
寸法・材質・形状像高約26cm 台座-サワグルミ材
概要解説東明寺は本尊が薬師如来で、境内の清水が眼病にきくと参詣者が多かった。病の人々を救う薬師如来の十二の大願を実現する分身が十二神将である。十二神将を十二支にあて、頭上に十二支の動物をいただくのは平安時代からで、鎌倉時代以降はその形が普通になった。
交通案内JR小海線小海駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る