清水寺三重塔 キヨミズデラサンジュウノトウ 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日昭和 42/07/27
時代区分江戸時代
年代1730年(享保15)
作者 
所在地東筑摩郡山形村7764-1
寸法・材質・形状総高336cm、石造 
概要解説当山中興の祖禅心が近在の住民から浄財を募り、先祖供養や安寧のために建てたもので、均整のとれた美しい石造三重塔である。また、高遠領片倉村の石工「□良兵忠行」の銘が刻まれている。
交通案内JR篠ノ井線松本駅から車で40分、アルピコ交通波田駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る