アララギ関係者の遺墨 アララギカンケイシャノイボク 16点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容書跡・典籍・古文書
指定年月日昭和 41/07/15
時代区分明治時代
年代明治-昭和時代
作者
所在地諏訪郡富士見町富士見3597-1(博物館富士見町高原のミュージアム)
寸法・材質・形状
概要解説アララギ関係者の遺墨(子規、左千夫、赤彦、茂吉、麓、文明、百穂等)。地元歌人の小池晴豊は、アララギ富士見歌会を通じて同派の歌人と親しく、贈られた遺墨を大切に保存していた。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る