大宮諏訪神社本殿 オオミヤスワジンジャホンデン 1棟

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容神社建築
指定年月日昭和 41/01/27
時代区分江戸時代
年代1619年(元和5)
作者 
所在地北安曇郡小谷村中土字宮ノ場13722(大宮諏訪神社)
寸法・材質・形状桁行1.46m、梁行1.32m、向拝出1.01m、一間社流造、とち葺
概要解説近世初頭の旧小谷郷の鎮守社として建立された一間社流造の社殿で、当時の様式をとどめて貴重である。
交通案内JR大糸線南小谷駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。


  • [附指定]棟札

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る