戸隠神社信仰遺跡 トガクシジンジャシンコウイセキ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別県-指定-史跡
内容社寺の跡
指定年月日昭和 54/03/22
時代区分平安時代
年代平安-江戸時代
作者 
所在地長野市戸隠奥社、上水内郡小川村小根山本院ほか
寸法・材質・形状 
概要解説中世以降の戸隠山は、現在の奥社、中社、宝光院を中心に周辺に多くの堂宇・岩窟・宿坊をもつ修験道の霊地であった。「梁麈秘抄」(1178年頃)に、霊験所は信濃の戸隠…と謡われ、わが国屈指の道場となっていたことが知られる。
交通案内JR長野駅からバスで50分高府下車信仰遺跡まで車で10分、JR長野駅から車で55分徒歩45分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る