小野家住宅 オノケジュウタク 2棟

前のページへ戻る

重要文化財

指定区分・種別国-指定-重要文化財
内容民家建築
指定年月日昭和 48/06/02
時代区分江戸時代
年代江戸末期
作者 
所在地塩尻市塩尻町39
寸法・材質・形状主屋-桁行15.6m、梁間9.1m、2階建、切妻造、段違、南面庇付、桟瓦葺 主屋北面突出部-桁行7.3m、梁間8.2m、切妻造、鉄板葺 文庫-桁行5.5m、梁間3.6m、土蔵造2階建、切妻造、妻入、鉄板葺 
概要解説小野家は江戸時代、中山道塩尻宿の旅籠を営み、屋号を「いてふや」といった。とくに2階座敷は、その雰囲気をよく残している。
交通案内JR篠ノ井線塩尻駅から車で5分

追加指定情報

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。


  • [附指定]納屋

  • [附指定]普請関係文書

  • [附指定]屋敷絵図

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る