浅間神社本殿 アサマジンジャホンデン 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容神社建築
指定年月日昭和 58/07/20
時代区分室町時代
年代室町末期
作者 
所在地北佐久郡軽井沢町追分神楽殿1155-7
寸法・材質・形状流造
概要解説浅間山、浅間大神遥拝の里宮で、大山祇神と磐長姫神の二神が祀られている。佐久平では新海神社東本殿に次いで古い建物である。上屋が掛けられている。海老虹梁、宝珠の彫刻、木鼻の出張りなどは室町時代初期の応永様式による。
交通案内しなの鉄道信濃追分駅から徒歩15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る