白滝分水具 シラタキブンスイグ  

前のページへ戻る

有形民俗文化財

指定区分・種別町-指定-有形民俗文化財
内容生業(有形民俗)
指定年月日昭和 58/12/22
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者 
所在地南佐久郡佐久穂町(佐久穂町教育委員会)
寸法・材質・形状長さ160cm、直径3-4mm、藤つる
概要解説物差として、白滝直下の分水地で使用された。白滝の分水地は水利の争いが絶えなかったため、仲介の労をとった者が、2本の藤つるを切って与え、以後これが各取水口の間口を測る物差として代々利用されることになった。
交通案内JR小海線羽黒下駅から徒歩15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る