真楽寺三重塔 シンラクジサンジュウノトウ 1基

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容塔建築
指定年月日平成 15/04/21
時代区分江戸時代
年代1751年(寛延4)頃
作者
所在地北佐久郡御代田町塩野142
寸法・材質・形状
概要解説初層に正面性を強調した意匠を持つ。この意匠は塔背後に位置する浅間山を意識したものと考えられ、県内の浅間山信仰を知るうえで貴重な建造物である。初層扉口を正面のみに設け、内部を仏堂と似た構えとする塔は、全国的に見ても類例が少ない。
交通案内しなの鉄道御代田駅から車で7~8分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る